2022年最新 Adobe CC コンプリートプランを安く使いたい人必見、おすすめ購入方法

2022-05-15Adobe

Adobe Creative Cloudコンプリートプランをとにかく安く購入したい人は必見、普通に購入するよりもかなりお得に買える方法。プランやインストール方法、2年目以降の更新方法も説明します。

デザイナー、イラストレーター、フォトグラファー、YouTuberなどWEBデザイン、DTP、動画編集などクリエイティブな仕事をしているなら制作はAdobeのアプリケーションは必須条件です。

取引先から印刷データやデザインカンプをもらうのはほぼAdobe Illustrator、InDesign、Photoshopのデータです。

業務上、Adobeアプリは必要不可欠な存在です。

CC以前のバージョン(Adobe Creative Suiteなど)は、ソフト買い切り時代で1つ10万円前後するものでした。

バージョンがCCになりサブスクリプション体系になり、月払いも可能になって利用しやすくなった感がありますがやはり高い・・・。

2022年4月にはまた値上げされるとの発表がありました。

Creative Cloud 個人版 2022 年の価格改定について
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/subscription-price-increase2022-individual-plans.html

AdobeCCコンプリートプランを少しでも安く使いたいなら

「学生・教職員版(アカデミック版)を購入する」

の一択です。

すぐに「学生・教職員版」を確認したい場合はこちらまで飛んでください。
>> Adobe認定スクールのCCライセンス付き講座

Photoshop,Illustratorしか使わない場合は、「Amazonのセールを狙って購入」がオススメです。>>Amazonのセールで購入

Adobe CC学生・教職員個人版(アカデミック版)とは

ここでのAdobe CC学生・教職員個人版(アカデミック版)とは

Adobeプラチナスクールパートナーの通信講座+Creative Cloudライセンス1年セット

を指します。

Adobeプラチナスクールパートナー

Adobe認定スクールのうち、プラチナスクールパートナーのスクールは受講者にアドビ製品を特別価格で提供することが認められているのです。

Adobeに認定されたプラチナスクールパートナー各教育機関では、1ヶ月以上の通信講座とAdobe CCのコンプリートプラン1年ライセンスとセットで販売しています。

AdobeCCの学生・教職員版の購入対象

Adobe公式ページには

「学生・教職員個人版をご利用いただける対象は、13 歳以上かつアドビが指定する以下の教育機関に在籍/在職する方です。」

と記載されています。

この教育機関には社会人も通うデザインスクールや専門学校、通信講座も含まれています。

この通信講座は学生だけでなく会社員、主婦でも申し込むことが可能です。

AdobeCC学生・教職員個人版のメリット

通常の5割引以上で利用できる

学生・教職員版ライセンスの最大のメリットはやはり価格です。もちろん通常ライセンスと使える内容に違いはありません。

・商用利用も可能

正式には「AdobeCC 学生・教職員個人版」ということですが商用利用も可能です。

・アプリケーションの基本が学べる

Illustrator,Photoshop,Premire Pro,DreamWeaverなどの基本を学びたい人にはおすすめのセットです。講座でやった課題などを添削もしてくれるのでちゃんと理解できているかを確認することもできます。

AdobeCC学生・教職員個人版のデメリット

学生教職員版を利用していてデメリットを感じることはありませんが、約4万円〜を一括払いの出費があることぐらいでしょうか。

※教育ローンが使えるスクールもあります。

Adobe認定スクールの講座

ヒューマンアカデミー たのまな

たのまな

Adobeプラチナスクールパートナー、ヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」。

「たのまな」のAdobe CCライセンス付きの講座がAdobeベーシック講座です。

Adobeベーシック講座は受講期間が1ヶ月・3ヶ月・12ヶ月の3コース用意されています。

ヒューマンアカデミー たのまな アドビソフトウェア通信

Adobeベーシック講座(1ヶ月コース) 39,980円(税込)

講座に含まれるもの

・AdobeCreative Cloiud ライセンス1年分

・動画教材20時間

・視聴期間1ヶ月

・サポート期間3ヶ月

Adobeベーシック講座(3ヶ月コース) 45,800円(税込)

講座に含まれるもの

・AdobeCreative Cloiud ライセンス1年分

・動画教材20時間

・視聴期間3ヶ月

・サポート期間13ヶ月

Adobeベーシック講座(12ヶ月コース) 76,800円(税込)

講座に含まれるもの

・AdobeCreative Cloiud ライセンス1年分

・動画教材20時間

・視聴期間12ヶ月

・サポート期間25ヶ月

たのまな Adobeベーシック講座の特徴

・動画教材の視聴期間が選択可能

・動画教材でわからなかった個所は回数無制限で質問可能

・シリアルコード発行は1〜3営業日

・オリコローン、Amazon Payで決済可能

たのまな Adobeベーシック講座で学べるアプリケーション

たのまなの講座で学べるのは以下のアプリケーションです。動画やWebデザイン系を学びたい人向けですね。

・Photoshop
・Illustrator
・Premiere Pro
・After Effects
・XD



デジハリオンラインスクール

デジハリオンライン

「デジタルハリウッド」はWebデザイン、DTPはもちろんプログラミング、映像などのスクールです。まだ私がネットやデザイン業界に入ったころ(約20年前)に知人がDTPを勉強するのにデジハリに通っていると言っていてその「デジハリ」という響きにおおっかっこいい!と思ったのを覚えています。

デジハリオンラインスクールでもAdobeCCライセンスとセットになったアドビマスター講座があります。

デジハリオンライン Adobeマスター講座 39,980円(税込)

デジハリ Adobeマスター講座に含まれるもの

・AdobeCreative Cloiud ライセンス1年分

・基礎動画教材(46時間)

・動画視聴期間1ヶ月

・課題添削期間2ヶ月

デジハリ Adobeマスター講座の特徴

・申し込み(支払い完了)後、最短10分で使えるようになる

・土日祝日でもシリアルコード発行可能(クレジット決済・コンビニ払い)

・プロのクリエイターが課題添削(3回まで)

デジハリ Adobeマスター講座の教材(学べるアプリケーション)

デジハリのAdobeマスター講座で学べるのは以下のアプリケーションです。HTMLや動画、DTPに欠かせないInDesignまで網羅されています。

・Illustrator/Photoshop
・HTML/Dreamweaver
・After Effects/Premiere
・InDesign

デジハリオンライン Adobeマスター講座

Adobe CCの2年目以降の更新方法

たのまなAdobeベーシック講座、デジハリオンラインAdobeマスター講座の2年目以降の更新方法はどうなるでしょうか。

AdobeCCのライセンスは1年かぎりで自動更新はされませんので、2年目以降も使いたい場合は再度Adobe講座に申し込みします。

新たなシリアルコードを発行されたら、AdobeCCのサイトでシリアルコードを登録すればライセンスが更新されます。

Adobe CCが期限切れでも更新可能?

Adobe CCのライセンス有効期限が切れてしまっていても、AdobeCCサイトからシリアルコードを登録すれば同じAdobeIDで引き続き利用できます。

AdobeCCをAmazonのセールで割引購入する

AdobeCC製品はAmazonでも購入可能です。AdobeCCのコンプリートプランは12ヶ月版、24ヶ月版、36ヶ月版があります。24ヶ月版と36ヶ月版があるのはAmazonだけのようです。

Adobe Creative Cloud コンプリート|12か月版|Windows/Mac対応|オンラインコード版

Adobe Creative Cloud コンプリート|24か月版|Windows/Mac対応|オンラインコード版(Amazon.co.jp限定) ¥128,890(2022年5月15日時点)

Adobe Creative Cloud コンプリート|36か月版|Windows/Mac対応|オンラインコード版(Amazon.co.jp限定) ¥189,389(2022年5月15日時点)

IllustratorとPhotoshopしか使わないのならAmazonの割引セールが狙い目

コンプリートプランの他にもAdobeの公式サイトにはない「Adobe Illustrator CC + Photoshop CC|12か月版」があります。
IllustratorとPhotoshopを単体でそれぞれ購入するよりも安くなっています。

Adobe Creative Cloud フォトプラン(1TB付)+Illustrator CC |12か月版|Windows/Mac対応|オンラインコード版

オンラインコード版とパッケージコード版が販売されていてなぜかオンラインコード版の方が安くなっています。これがAmazonの開催するタイムセール、ブラックマンデーセール、サイバーマンデーセールなどになるとさらに割引になります。

またライセンス期間がまだだいぶ残っている時に購入にしてもライセンス期間は普通に更新されるとのことです。

Amazonのセールをいち早く知るには

Amazonのセール情報を定期的に入手したい場合はGoogleアラートに登録する方法があります。

Googleアラートに登録しておけばGoogleが自動的に新着情報を検知してお知らせしてくれます。

Googleアラート

AdobeCCの豆知識・よくある疑問点

Adobe Creative Cloudを利用する上での豆知識&便利な機能まとめ

法人名義で購入できる?

アカデミック版(学生・教職員個人版)は個人でのみ利用可能で法人名義での申し込み・利用はできません。

個人で購入して会社のPCにインストールするのは可です。

領収書の発行は可能

たのまな、デジハリとも申し込み時領収書発行希望すれば可能です。

商用利用は可能?

アカデミック版(学生・教職員個人版)は個人でのみ利用だけれど、商用利用は可能です。

AdobeCCのインストール台数

AdobeCCは何台のPCにインストールすることができるのか?
AdobeCC以前のAdobeCSでも同じだったと記憶していますが個人の1ライセンスでインストールできる台数は2台までです。
でも2台同時に起動することはできません。

以上、Adobe CCコンプリートプランを安く購入する方法でした。仕事上必須のAdobeアプリケーションをお得に導入しましょう!