Libre OfficeをMacにインストール・日本語化

.xlsxファイル(Excel)や.pptx(PowerPoint)をMacで開いて編集するには、Apple謹製のNumbersやKeynoteでも可能ですが、保存形式が変わってしまうのが難点。

なのでMacでExcelやパワポを使うときはLibre Officeを使います。

Libre Officeのダウンロード

Libre Office
https://ja.libreoffice.org/

ダウンロードページを開けば、最新安定版がダウンロードできます。

LibreOfficeはMac, Windows, Linux版があります。

ダウンロードしたファイルをクリックしてアプリケーションフォルダへ。

インストールは完了です。

LibreOfficeユーザーインターフェースの日本語化

早速起動してみると

メニューなどの表示が英語のまま。。。

LibreOffice > Preferences を開き、Language Settings > Lanquageを開いてみると、

User Interface : English
Local setting : Default - Japanese

になっています。

ダウンロードしたファイルだけでは日本語化されないようです。

もう一度公式サイトへ行って日本語化ファイルをダウンロードする必要があるようです。

しかし公式サイトでlanguageファイルのダウンロードをどこからすればいいのかちょっとわからず、戸惑いました。

結果、ここ(↓)からダウンロードできました。。。

LibreOffice_6.3.4_MacOS_x86-64_langpack_ja.dmgをダウンロードしました。

ダウンロードしたファイルをクリックして展開

LibreOffice Language Pack.appをダブルクリックすると、インストールウィザードが始まります。

管理者権限がないとインストール失敗に。

管理者権限で再試行しますかと聞かれるので「はい」にして再度インストール。管理者パスワードを入力。

インストール完了しました。

LibreOfficeを起動すると、インターフェースの日本語化されており、以上で完了。

Web

Posted by ともろう