XAMPPの設定覚え書き



久しぶりにWindows10にXAMPPをインストールしました。
昔と違う部分もあったのでインストール後の設定を覚え書きとして残したいと思います。

XAMPPのダウンロードからインストール

ダウンロードとインストールは簡単に

ダウンロードは下記から
https://www.apachefriends.org/jp/index.html

インストールはCドライブ直下にします。C\:xampp

ポート、ドキュメントルートの変更

xamppのApacheのポートはデフォルトで80になっています。他のプログラムと競合しなければこのままでOK。変更したい場合はhttpd.confを編集します。

また、ドキュメントルート(htmlファイルなど置く場所)は、自分の好きなところにしたいので同じくhttpd.conf を編集します。

httpd.confはXAMPPのコントロールパネルから開くと簡単です。

ポートの変更

httpd.conf 58行目あたり

となっているところ、8000番に変更する

225行目あたりServerNameを変更

を80から8000に

ドキュメントルートを任意の場所に変更

ドキュメントルート(公開用のファイルを置く場所)を任意の場所に変更します。

httpd.confの249行目あたり

を任意の場所に変更

続いてすぐ下の250行目も変更

以上、保存したら、XAMPPのApacheを再起動してみます。

MySQLのrootパスワードを設定する

XAMPPをインストールしただけではmysqlのrootにはパスワードが設定されておらず危険なのでパスワードを設定します。

コマンドプロンプトを起動

こちらもXAMPPのコントロールパネルからシェルを起動

黒い画面が出てきたら以下のように入力

最後のnewpasswordの部分に設定したいPassを入力してEnter

phpMyAdminの編集

あとはphpmyadminでもアクセスできるようにphpmyadminのconfigファイルも編集します。

こちらもコンパネ、ApacheのConfigボタンからファイルを開けます。

config.inc.phpを開いたら、21行目あたりにパスワード欄があります。

ここに先程設定したパスワードを入力して保存。

以上で、Apache,MySQLを再起動して、完了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする