今更学んだ「テキスト変換する前の文字が見えない」原因

お恥ずかしいでところですが、初めてその状況になって初めて学んだこと。

フォームで、テキストを打っている時、違和感が。。。
よくよくみると、変換する前の文字がなぜか消えてる!?

原因は、CSSの設定でした。

「::selection」というセレクタで文字の色をホワイトにしていたから。

「::selection」というセレクタは変換前の文字だけでなく、テキスト選択した箇所のハイライトカラーも変更できるみたいです。

こんな感じでベンダープリフィックスを指定します。

対応するブラウザは

  • Google Chrome
  • Safari
  • Firefox
  • Opera
  • IE9+

設定する時は背景の色と同じ色を指定しないように気をつけましょ

PDFを開くとき100%で開くようにする Adobe Acrobat

PDFを作成し、開いてみるとバカでかく開かれちゃうことありますね。

Acrobatで開き方を指定することができます。

Adobe Acrobat Pro DCの場合です。

編集するファイルを開き、ファイル>プロパティを選択。

Acrobatファイルプロパティ

開き方を選択。
レイアウトと倍率のところに、「倍率」があるのでこれを100%にする。

Acrobat文書のプロパティレイアウト

これ以外にも、ウィンドウの開き方やメニューバー、ツールバーの非表示など細かい設定ができます。

 

Photoshop,Illustratorのスライスの一括削除

Photoshopでもillustratorでも結構スライス機能使います。

※PhotoshopCCの画像アセットって便利ですよね。
CS6では、Cut&Slice meですね
http://www.cutandslice.me/

illustratorでも同じような機能でてこないかな

と本題
Photoshopでもillustratorでもスライスを一括で削除したいときのためのメモ

Photoshopでスライス一括削除

表示メニューから「スライスの消去」

photoshopスライス一括削除

Illustratorでスライスを一括削除

オブジェクトメニューから「スライス」→「すべて削除」

illustratorスライス一括削除

 

WordPressインストール後にディレクトリ名を変更する

WordPressをインストールした後にディレクトリ名を変更したくなった時用のメモ。

例として
変更前URL  ドメイン/wp/wp-login.php
変更後URL  ドメイン/new/wp-login.php

  1. 変更前のWordpressURL(/wp/wp-login.php)でログイン
  2. 設定→一般から、WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)を変更したいディレクトリ名に変更する
    wordpress一般設定
  3. 「変更を保存」するとページがNot Foundに。
    notfound
  4. これはこのまま置いておく。
    ディレクトリ名を変更したい名前に変更
    ここでは「wp」を「new」に変更
  5. 変更後のURLで改めてアクセスする
    /new/wp-login.php
  6. ログインすると、NotFoundのままだったりするけど、なんどがリロードしたら通常通りアクセスできるようになりました。
  7. 完了!

 

ウェブページを見たまま印刷&スクリーンショットの方法いくつか

ウェブページを印刷して!とか言われることってないですか?

たまにあるのです。
ノートPCやタブレットを持ち歩いて相手に見せればいいじゃんっていう話なんですが、どうしても紙にして持っていきたいということが。

そんな時にブラウザから普通に印刷しても期待通りに印刷されないことは多々あります。
印刷用に考慮されたページもありますがほんの一部ですよね。
また、印刷専用にレイアウトされていて、ブラウザでの見た目とは違ってる場合も。

ウェブページをブラウザで見えてるまま印刷したい!っていう時の方法について

1)Awesome Screenshotを使う(GoogleChromeのみ)

GoogleChromeの拡張機能「AwesomeScreenshot」をインストールします。
普通にスクリーンショットを取ります。

完了画面からプリントをクリックすると、取ったスクリーンショットをブラウザから印刷できます。

Awesomescreenshot印刷

2)Print What You Like を使う。

PrintWhatYouLikeは、ブックマークレットで利用できるツール。

http://www.printwhatyoulike.com/

Chromeなら拡張機能もあります。(私はいつもこれを使っています)
PrintWhatYouLike
https://chrome.google.com/webstore/detail/printwhatyoulike/npgfabafajliaooeicdoahbpoajfmbbe?hl=ja
印刷する内容を自由にセレクトすることができます。

印刷したいページを表示し、保存したブックマークレットをクリック。
すると、左サイドバーに操作ボタンが表示、印刷するページ上には
ツールバーが表示されます。

記事中にある広告などを印刷したくない場合は、広告を選んで
ツールバーの「Remove」をクリック

印刷内容をセレクトしたら左サイドバーの「Print」をクリック

新入社員が知っておくべきホームページを崩さず綺麗に印刷する裏ワザ
http://www.chrome-life.com/chrome/5033/

固定バーがあるページの印刷・スクリーンショット

最近のページではposition:fixed;で上部などに固定されたナビゲーションがあるウェブページは多いですよね。

でもそのようなページをスクリーンショットを撮ったり、印刷しようとすると
固定バーが何度も表示されたり、ずれたりしませんか。
これを回避する方法としてFirefox限定ですが、Firefoxのアドオン、「Pearl Crescent Page Saver」を使う。

残念ながら愛用しているAwesomeScreenshotは使えません。
Pearl Crescent Page Saverなら固定バーが繰り返さずキャプチャできるようです。
Pearl Crescent Page Saver
http://pearlcrescent.com/products/pagesaver/

Open Office で2文字目も大文字に

普段、マックで作業している時に、ちょっとExcelが使いたいなんてことがあったときにはOpenOfficeを使っています。

作業するには問題なレベルなのですが、今回ちょっと戸惑ったので覚書として。
Webには関係ないですが。

アルファベットを入力するときに、なぜか2文字目が自動的に小文字になってしまうのです。

1文字目が勝手に大文字になるのは何度か遭遇したのですが、2文字目が小文字に変わってしまうのは初めて。

いつもは書式>文字種の変換で、「大文字→小文字」「小文字→大文字」にして解決していたのですが、今回は何回やっても大文字になってくれないのです。

文字種の変換で大文字に変換

いつものように色々調べたところ、書式設定ではなく、「オートコレクト」の問題だったようです。

ツール>オートコレクトオプションをクリック

s_オートコレクトオプション1

「2文字目を小文字する」のチェックをはずす!

2文字目を小文字にする

これで解決しました!

上記の設定には「URL識別」っていうのもあって、ここのチェックをはずすと
URLやメールアドレスに自動的にリンク貼られるのがなくなるみたいです。(なくなりました)
これも結構うっとうしかったので、よかったです^^

Windows10にPhotoshopCS2をインストールしたら「動作が停止しました」エラー

タイトル通り、Windows10にPhotoshopCS2,illustrator CS2をインストールしました。

illustratorCS2は問題なく起動できたのですが、Photoshop CS2は起動しようとすると、「Adoebe Photoshop CS2は動作を停止しました」と
表示され、起動できない状態に。

photoshopcs2動作を停止しました

再インストールしても結果は変わらず。。。

いつものようにググってみると解決策ありました!

どうやら、IMEと相性が良くないということのようです。
その解決策とは・・
Windows10のコントロールパネルから「言語」を選択し、左サイドバーにある「詳細設定」をクリック。

「入力方式の切り替え」のところにある、「アプリウィンドウごとに異なる入力方式を選択する」にチェックを入れて保存します。

コントロールパネル言語設定

これで、再度photoshop CS2を起動すると・・・

 

photoshopcs2起動

無事起動しました!

よかった〜。

photoshop CC 2015でカンバスカラーを透明に

Photoshop CC 2015からなのかわかりませんが、ファイル→新規から
アートボードを選択すると、カンバスカラー(ドキュメントの背景)が白い状態です。

本当は透明なんだけれど、すごく違和感が。
アートボードを新規作成した場合でもカンバスカラーを透明にしたいときはどうしたらいいのか調べました。

まずはアートボートを新規作成

アートボード新規作成

ファイル→新規を選択し、ドキュメントの種類をアートボードに。
アートボードのサイズは任意のものです。

アートボードの背景は白です

アートボード背景白

アートボードが白い状態がデフォルトです。
これを透明にしたい。

レイヤーからアートボードをグループ解除

レイヤーウィンドウの「アートボード」の上で右クリックし、
「アートボードをグループ解除」を選択。

photoshopレイヤー

アートボードの上で右クリップする

アートボードをグループ解除

アートボードをグループ解除を選択

アートボードの背景が透明に

希望通り透明になりました!

アートボード背景透明

アートボードを元に戻したいとき。

アートボードを元の状態に戻したい場合は、レイヤーウィンドウで再度右クリックして、「レイヤーからのアートボード」を選択します。

レイヤーからのアートボード

illustrator/Photoshop 簡単に縦横中央にガイドを引く

アートボードやドキュメントでいちいち計算せずに縦横中央にガイドを引きたいですよね。

簡単に縦横中央にガイドを引く方法の覚え書き。

illustrator で縦横中央にガイドを引く

1.ガイドを引く

Cmd+Rで定規を表示し、適当な箇所で縦横2本のガイドを引く。
この時は真ん中を意識しなくてよい。

illustratorガイドを引く

2. ガイドを選択する

引いた2本のガイドを選択する(ロックされている場合は、cmd+option+;でガイドのロックを外す)

3.整列パネルで縦横中央に

整列パネルの右下の「整列:」で「アートボードに整列」を選択。

illustratorアードボードに整列

4.オブジェクトの整列

で「水平方向中央に整列」、「垂直方向中央に整列」を選択。

illustratorガイド中央

できました^^

Photoshopで縦横中央にガイドを引く

1.ドキュメントで、「表示」から「新規ガイド」をクリック

photoshop新規ガイド

2.ガイド位置を入力

ダイアログで水平方向、垂直方向それぞれで「位置」を「50%」にOKを選択。

水平方向を選択し、位置を50%に。

photoshop水平方向にガイド

垂直方向を選択し、位置を50%に。

photoshop垂直方法にガイド

3.縦横中央のガイド完成。

photoshop縦横中央ガイド完成

GMOクラウド iClusta+ で.ftpaccessが有効にならないときの対処法

GMOクラウドのレンタルサーバー iClusta+は高い安定率を誇るレンタルサーバーです。

安定性(稼働率)が重視されているため、自由度があまりないという欠点もありますが安定しているというのはレンタルサーバーとしては嬉しいところです。

このGMOクラウドのiClusta+でFTPのアクセスを制限する「.ftpaccess」を設置することができます。
が、なぜか.ftpaccessを設置してもFTPアクセス制限されていない・・・

わたしの場合はちょっとしたことが原因でした。

まずはテキストエディタで以下のように作成

名前をftpaccess.txtで保存し、サーバー内の制限したいディレクトリへアップロード。
その後、ファイル名を.ftpaccessに変更します。

制限が効いてなかったのは、.ftpaccessの文字コードが問題だったようです。
サポートページにも書いてありますが、

文字コード:EUC
改行コード:LF

に保存しなおしたところ、無事アクセス制限されるようになりました。

.ftpaccessの設置方法はこちらに詳しく載っています。

GMOクラウド .ftpaccessを使用する場合
https://support.gmocloud.com/shared/ic/guide/planmanager_app/ftp/ftpaccess_setting.html