contact form 7のその他の設定

    Contact Form 7を使うときの便利な機能メモ。
    Contact Form7はちょくちょく利用させてもらっています。
    同じ作者さんのFlamingoというプラグインを使えば、送信履歴をWordPressの管理画面上で確認することができ、CSVでのダウンロードも可能です。
    イベントなどの申込フォームをContact Form 7で作って、参加者リストをFlamingoを使ってCSVをローカルにダウンロードしてExcelで編集・・・など小規模で運営しているなら十分な機能です。

    Flamingo
    https://ja.wordpress.org/plugins/flamingo/

    Flamingoの管理画面上で表示される件名や送信者名などをContact Form 7で制御することができます。Contact Form 7の設定画面の「その他の設定」に記載します。

    何も設定していないと、デフォルトの設定で

    件名 → your-subject

    送信者 → your-name<your-email>

    とContact Form 7のデフォルトの入力項目があてはめられてしまいます。
    この項目名を使用していれば問題はないのですが、独自に設定している場合、もしくは件名などを特定のものに指定したい場合は「その他の設定」に記載しなければなりません。

    Flamingoの件名を指定する場合;

    [the-subject-field]には自分が設定した入力項目名にします。特定の名前にしたい場合は

    のように日本語で指定もできます。

    送信者名など、苗字と名前を分割した入力項目にしている場合は

    ネームフィールドを複数指定することもできます。

    指定できるFlamingoの項目

    そのほかのContact Form 7「その他の設定」に指定できる便利な機能

    デモモード

    デモモードをonにすると、テストで動作確認した時に、メール送信されずに「送信完了しました」という状態になります。

    購読者限定モード

    ログインユーザーだけにフォームを使わせたいときに

    その他の設定の詳細は以下から

    その他の設定

    SNSでもご購読できます。