トラブルシューティング

Sublime Text 3でCompassのビルド設定とエラー

新しいPC(Windows10)に入れていたSublime Text3でCompassのビルド設定をしていなかったのでしばらくぶりに設定をした時の覚書とエラーが出たのでその対処方法。

Ruby がインストールされていて、既にSassとCompassはインストール済みの上の作業です。

一応Rubyの確認

インストールされていれば、バージョンが表示される

 

gemをアップデートする

sassをアップデートする

compassをアップデートする

compassはアップデータありませんでした。

この後、Sublime text 3での設定。

sublime text3で必要なパッケージのインストール

sublime text 3を起動後、ctrl + shift + p でPackage Controlを起動し、Package Control: Install Packageを選択。

いろいろ便利なパッケージがありますが、今回は以下のものをインストール

・Sass
・SASS Build
・SCSS
・Compass
・SublimeOnSaveBuild

これで、config.rbのあるフォルダのscssファイルを開き、保存してみる→保存と同時にビルドされるはず・・・

と、以下のようなメッセージが。

warningなので、致命的じゃないですが、気になるので調べてみる。
すると、こちらのページが参考になりました

【メモ】SassバージョンアップしたらCompassでwarningが出る
http://qiita.com/ryokio0129/items/bb62e4aeab2921290846

Compass & Sass Deprecation warning
https://stackoverflow.com/questions/35949660/compass-sass-deprecation-warning

メッセージにある、
C:/Ruby23-x64/lib/ruby/gems/2.3.0/gems/compass-core-1.0.3/stylesheets/compass/css3/_deprecated-support.scss
を開いてみます。

85行目あたり

この部分を以下のように修正します。

そして保存。

無事エラーは出なくなり、Compassのビルドもできるようになりました。

 

Open Office で2文字目も大文字に

普段、マックで作業している時に、ちょっとExcelが使いたいなんてことがあったときにはOpenOfficeを使っています。

作業するには問題なレベルなのですが、今回ちょっと戸惑ったので覚書として。
Webには関係ないですが。

アルファベットを入力するときに、なぜか2文字目が自動的に小文字になってしまうのです。

1文字目が勝手に大文字になるのは何度か遭遇したのですが、2文字目が小文字に変わってしまうのは初めて。

いつもは書式>文字種の変換で、「大文字→小文字」「小文字→大文字」にして解決していたのですが、今回は何回やっても大文字になってくれないのです。

文字種の変換で大文字に変換

いつものように色々調べたところ、書式設定ではなく、「オートコレクト」の問題だったようです。

ツール>オートコレクトオプションをクリック

s_オートコレクトオプション1

「2文字目を小文字する」のチェックをはずす!

2文字目を小文字にする

これで解決しました!

上記の設定には「URL識別」っていうのもあって、ここのチェックをはずすと
URLやメールアドレスに自動的にリンク貼られるのがなくなるみたいです。(なくなりました)
これも結構うっとうしかったので、よかったです^^

Windows10にPhotoshopCS2をインストールしたら「動作が停止しました」エラー

タイトル通り、Windows10にPhotoshopCS2,illustrator CS2をインストールしました。

illustratorCS2は問題なく起動できたのですが、Photoshop CS2は起動しようとすると、「Adoebe Photoshop CS2は動作を停止しました」と
表示され、起動できない状態に。

photoshopcs2動作を停止しました

再インストールしても結果は変わらず。。。

いつものようにググってみると解決策ありました!

どうやら、IMEと相性が良くないということのようです。
その解決策とは・・
Windows10のコントロールパネルから「言語」を選択し、左サイドバーにある「詳細設定」をクリック。

「入力方式の切り替え」のところにある、「アプリウィンドウごとに異なる入力方式を選択する」にチェックを入れて保存します。

コントロールパネル言語設定

これで、再度photoshop CS2を起動すると・・・

 

photoshopcs2起動

無事起動しました!

よかった〜。

photoshop cc アップデート後にエラー

先日のESET関連でもうひとつ、AdobeCCを利用中ですが、CreativeCloudのアップデートをしても必ずエラーに。

スクリーンショット 2016-03-27 7.15.34

なんでなのか原因をググってもこちらも解決しませんでした。

でも先日のことがあったのでこれもESETを無効にしたらいけるのかもと思い、ファイヤーウォールを一時的に無効に。

スクリーンショット 2016-03-27 7.22.06

再度アップデートしたら成功しました!

話は前後しますが、それより前にPhotoshop CC2015でアップデート後、Photoshopを起動すると、jpgファイルを開こうとすると「ファイルが見つかりません」というエラーが。

ps-error

これは、CameraRawがなかったから(ぬけおちてた?)からが原因のようです。

【解決事例】Photoshop CC 2015「”要求された操作を完了できません 。ファイルが見つかりません”のエラーでjpgが開けない」

CameraRawはここからダウンロードできます。

Adobe Camera Raw Help / Camera Raw plug-in installer
https://helpx.adobe.com/camera-raw/kb/camera-raw-plug-in-installer.html

インストール後、無事jpgファイルが開けるようになりました。

 

 

Adobe Creative Cloud がロード中(読み込み中)のまま

Adobe Creative Cloudをインストールしていると、アップデートをお知らせしてくれるんですが、開こうとするとずっと読み込み中のままになります。

調べるのがおっくうでしばらく放置してたんですが、直る気配もないので調べてみました。

結果は簡単に解決。

症状はちょっと違うんですが、updaterのファイルがおかしくなったのが原因のようです。
Adobe Creative Cloud ダウンロードエラー

Creative Cloudを終了して、以下のファイルをデスクトップに移動
<ユーザー名>/ライブラリ/Application Support/Adobe/AAMUpdater/1.0

windowsは
<ユーザー名>\AppData\Local\Adobe\AAMUpdater\1.0

Creative Cloudを起動。

illustratorもたまに応答なしになるんですが、環境設定を削除して再起動すると復活します。
ファイルの場所は
<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Illustrator CS6 Settings

解決したのでよかった^^