アプリ

MAMP タイムゾーンを変更(メモ)

MAMPのタイムゾーンはデフォルトだと、Europe/Berlinとなっているので、日本に変更します。

php.iniを編集します。

場所は、

使用しているPHPのバージョンにより場所が違います。

552行目あたりの

に変更

MAMPを再起動して完了です

PDFを開くとき100%で開くようにする Adobe Acrobat

PDFを作成し、開いてみるとバカでかく開かれちゃうことありますね。

Acrobatで開き方を指定することができます。

Adobe Acrobat Pro DCの場合です。

編集するファイルを開き、ファイル>プロパティを選択。

Acrobatファイルプロパティ

開き方を選択。
レイアウトと倍率のところに、「倍率」があるのでこれを100%にする。

Acrobat文書のプロパティレイアウト

これ以外にも、ウィンドウの開き方やメニューバー、ツールバーの非表示など細かい設定ができます。

 

Adobe Creative Cloudのインストール・アップデートでエラー U44M1I210

Adobe CCでインストール時のエラー対処について。
環境はOSX Yosemiteです。

スクリーンショット 2015-11-16 0.15.32

CreatveCloud Installerをダウンロードしてから、通常通りインストールしますが、なぜかインストールが41%とかでそのまま進まない。

キャンセルして再度インストールしようとしても同じ現象。

アドビサイトからインストールするといいみたいなことを聞いたのでその手を使ってみたら、インストールはできたけれど、エラーが。

ダウンロードしたファイルを抽出できません U44M1I210

スクリーンショット 2015-11-10 9.29.15

アップデートしなくても、特に問題ないのでそのままでもよかったんですがなんか気持ち悪いので一度すべてアンインストールして、

以下のページを参考にAdobeCreativeCloudCleanerTool.dmgをダウンロードして実行しました。

Creative Cloud Cleaner Tool を使用してインストールに関する問題を解決する
https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cc-cleaner-tool-installation-problems.html

それで再度、インストールしてみたけれど、同じエラーが。

さらにググってみると、セーフモードでインストールするといいよという記事を見つけました。

OSXをセーフモードで起動するのは、Shiftを押しながら、電源オンするだけ。

セーフモードで起動後、インストール実行したところ、エラーなしでいけました!

ひとまずこれでスッキリ。

 

ちなみにインストールした各アプリをアンインストールするには、

アプリーケーションフォルダ内の各アプリにuninstallerがあります。

スクリーンショット 2015-11-14 9.12.59

sublime text3 で複数ファイルの検索置換

sublime text3で複数ファイルの検索置換したい時の覚え書き。

メニューは、検索>Find in files

sublime text3 複数ファイル検索置換のメニュー

画面下に表示される検索置換画面

sublime text3 複数ファイル検索置換の入力方法

Find:
置き換える文字列
Where:
置き換えるファイルがある場所
Replace:
置き換える内容

 2つ目のwhereの選択肢

sublime text3 複数ファイル検索置換のwhereのところ

Clear
Where の入力内容のクリア
Add Folder
検索置換対象フォルダを設定
Add Include Filter
検索内容のフィルタリング:ワイルドカードで指定したファイル / 拡張子にマッチするファイルを検索対象にする
Add Exclude Filter
検索から除外するフィルタリング:ワイルドカードで指定したファイル / 拡張子にマッチするファイルを検索対象から除外する
Add Open Folders
今開いているフォルダを検索対象にする
Add Open Files
今開いているファイルを検索対象にする

検索置換画面の左側のアイコンの意味

sublime text3 複数ファイル検索置換の左のアイコン
左から

Regular expression(Alt + R)
正規表現を使う
Case sensitive(Alt + C)
大文字小文字を区別する
Whole word(Alt + w)
完全一致かどうか
Show context
検索置換結果の前後の行を表示する
Use buffer
検索置換結果を別ファイルで表示する