カスタム投稿タイプを簡単に設定できるプラグイン:Custom Post Type UI

カスタム投稿タイプを設定するとき、プラグインを使いたくなくてfunctions.phpに設定していましたがプラグインも簡単かな〜と思って導入してみた

とても簡単に設定できるんだけど、オプション設定部分がわからなくなるので書き留めます。

WordPress › Custom Post Type UI « WordPress Plugins

https://wordpress.org/plugins/custom-post-type-ui/

 

Add Edit Post Types ‹ とくしよ!ネット — WordPress

Labels

管理画面で表示される名前を設定できます。

2Add Edit Post Types ‹ とくしよ!ネット — WordPress

Settings

高度な設定が出来る部分。ここが今日のメイン。

■一般公開(default:true)
一時的にカスタム投稿タイプを無効にしたいとき

■UI を表示(default:true)
管理画面で表示させる

■Has Archive(default:false)
日付アーカイブ、カテゴリーアーカイブなど投稿を一覧表示するかどうか
trueにする頻度高

■Exclude From Search
検索対象からはずすかどうか
検索結果に表示させたい場合は、falseのままで

■利用タイプ
ユーザーの権限によりカスタム投稿タイプを編集できる権限を記入

■階層(default:false)
固定ページのような親子関係を作りたい場合はtrue

■リライト(default:true)
スラッグをpost type slugの名前と変えたい場合はtrue
次項にリライトしたいスラッグを記入

■カスタムリライトスラッグ
リライトしたいスラッグ名を入力します

■With Front(default:true)
カスタム投稿タイプのパーマリンクに関係するようなのですが今イチわかってません。取りあえずいじらなくてもOKかな

■クエリーバージョン(default:true)
ここもよくわからず。初期値のままでOKなよう

■メニューの位置
管理画面の左メニューでの表示位置。
5〜100までの数値で設定します。空欄の場合はコメント下に表示されます

5〜9:投稿の下
10〜19:メディアの下
20〜ページの下

■Show in Menu(default: True)
「UI を表示」がtrueな場合、有効

■Menu Icon
管理画面左メニューのアイコンを指定できます。
絶対パスで入力

■サポート
使用する機能にチェックを入れます。

■ビルトイン分類
投稿(post)で使われているカテゴリーやタグを利用する場合はチェックをいれます

 

以上。。大雑把ですが。

カスタムタクソノミーについては後日まとめます。

SNSでもご購読できます。