contact form 7のその他の設定

Contact Form 7を使うときの便利な機能メモ。
Contact Form7はちょくちょく利用させてもらっています。
同じ作者さんのFlamingoというプラグインを使えば、送信履歴をWordPressの管理画面上で確認することができ、CSVでのダウンロードも可能です。
イベントなどの申込フォームをContact Form 7で作って、参加者リストをFlamingoを使ってCSVをローカルにダウンロードしてExcelで編集・・・など小規模で運営しているなら十分な機能です。

Flamingo
https://ja.wordpress.org/plugins/flamingo/

Flamingoの管理画面上で表示される件名や送信者名などをContact Form 7で制御することができます。Contact Form 7の設定画面の「その他の設定」に記載します。

何も設定していないと、デフォルトの設定で

件名 → your-subject

送信者 → your-name<your-email>

とContact Form 7のデフォルトの入力項目があてはめられてしまいます。
この項目名を使用していれば問題はないのですが、独自に設定している場合、もしくは件名などを特定のものに指定したい場合は「その他の設定」に記載しなければなりません。

Flamingoの件名を指定する場合;

[the-subject-field]には自分が設定した入力項目名にします。特定の名前にしたい場合は

のように日本語で指定もできます。

送信者名など、苗字と名前を分割した入力項目にしている場合は

ネームフィールドを複数指定することもできます。

指定できるFlamingoの項目

そのほかのContact Form 7「その他の設定」に指定できる便利な機能

デモモード

デモモードをonにすると、テストで動作確認した時に、メール送信されずに「送信完了しました」という状態になります。

購読者限定モード

ログインユーザーだけにフォームを使わせたいときに

その他の設定の詳細は以下から

その他の設定

mixhostでのWPバックアッププラグインUpdraftPlus Backupの設定

高機能で最新スペックを搭載しているmixhostレンタルサーバー。ユーザーの評判も高いです。mixhostではLiteSpeedというウェブサーバーを搭載しています。LiteSpeedとはApache互換でApacheよりも処理速度が9倍アップする(静的サイトで)と言われている新型のウェブサーバです。

mixhostでもWordPressの簡単インストール機能があるので、簡単にインストールすることが可能です。いつもWordPressの外部バックアップには、WordPressのプラグイン「UpdraftPlus Backup/Restore」を使っています。

気に入っているのは、バックアップ先の外部ストレージでGoogleDriveを選べるところです。GoogleDriveなら無料でも15GBというスペース(Googleアカウントすべてでの)があるので容量も心配せずにバックアップできるのがいいですよね。ただ、バックアップ時間を自由にスケジュールできないのは難点ですが(有料プランならできると思います)

mixhostでインストールしてWordPressにUpdraftPlusバックアップを使おうとしたところ、以下のようなメッセージ。

警告: あなたのウェブサイトは LiteSpeed のウェブサーバを使用しています。 バックアップに関する問題が発生した場合はこの FAQ を参照してください。

LiteSpeedウェブサーバーでは、WordPressスケジュールタスクに問題があるようです。対処方法が公式サイトに記載されています。

WordPressのルートフォルダの.htaccessに下記を記述します。

公式サイトでは、ファイル内の上の方にと書いてあるので、一番上に追記しました。これで管理画面内の警告メッセージも消えました。

私の場合は.htaccessへの追記でバックアップは問題なくできましたが、これでも問題が解決しない場合、代替えシステムの設定をする必要があるそうです。wp-config.phpに以下の内容を追記します。

 

詳しくは公式サイトのページにて
https://updraftplus.com/faqs/i-am-having-trouble-backing-up-and-my-web-hosting-company-uses-the-litespeed-webserver/

All In One WP Security & Firewall ロック解除方法

WordPressでセキュリティ対策してますか?

昨年秋頃、WordPressプラグインの脆弱性を突かれ不正アクセス被害に遭いました。それまでもセキュリティには気を使っていた(IPアドレス制限やログインURLを変更したり・・・)のですが、見事にやられたのです。

wordPressファイル内にファイルを仕込まれました。使っていたのはエックスサーバーだったのですが、同じ契約サーバー内にある違うサイトにも拡散したひどい状況でした。

エックスサーバーから

お客様のサーバーアカウントにおいて、
不正なファイル(ウイルス、マルウェアなど)の検出がございました。

お客様がご利用のプログラムにセキュリティ上致命的なバグ(脆弱性)が存在し、
当該脆弱性を第三者に悪用されてしまった可能性が非常に高い状況でございます。

という通知がきてはじめてわかったのです。

復旧までには時間がかかりましたがそれはまたの機会にして、そんなことがあってよりセキュリティを強化せねばと選んだのが、「All In One WP Security & Firewall」です。

All In One WP Security & FirewallはWordPressを総合的にセキュリティを強化する機能が揃っているのですが気に入っているのは、WordPress内をスキャンし、変更があったファイルをメールで通知してくれる「FileChangeDetection」という機能です。

ファイルの変更・追加・削除をスキャンしてくれ、時間ごと、日にちごととスケジュールの指定もできるのです。同じようにファイルスキャンしてくれる他のプラグインもありましたがスケジュールまでは指定できませんでした。

このようなファイルスキャン機能の他、一定回数ログインを間違えるとロックされる機能も付いています。今回はこのロックダウンが起きた場合に解除する方法をメモとして残します。

WordPressへのログインに複数回失敗すると、ロックダウンイベントが起きます。ログインページは以下のように表示されます。

日本語では、「セキュリティ上の理由から、IPアドレスからのアクセスがブロックされています。 管理者に連絡してください。」というメッセージ。

これが出ると一定時間はログインできなくなるようです(実際の動作は未確認)
これを強制的にロック解除するためには・・・

1)スマホ経由のテザリングなどで違うIPからログインする

2)WPSecurityのダッシュボード>Locked IP Adressへ移動

3)自分がアクセスしたIPアドレス、ユーザー名を「unlock」または「deleate」する

※もしログインページへのアクセス制限をしている場合は、.htaccessを編集してアクセスするIPを追加する必要があります。

All In One WP Security & FirewallではロックされたIPアドレスの履歴を見ることができます。User Login > Failed Login Recordsから

また、自分のIPアドレスなどはロックされないよう、ホワイトリストにIPアドレスを登録しておくことができます。User Login > Login Lockdownの設定ページの下の方にホワイトリストを設定する部分があります。

UTF-8対応・無料のメールフォームPHP,Perl/CGIまとめ6つ

ホームページにとりあえず簡単にメールフォームを付けたいときに。無料で使えてUTF-8に対応したメールフォームをまとめ。(CGI/Perl、PHPで作られたメールフォームごちゃまぜになってます)

【PHP】:【MailForm01】PHP多機能メールフォーム フリー(無料)版

https://www.php-factory.net/mail/01.php

デモ
https://www.php-factory.net/demo/mail/MailForm01/contact.html

比較的簡単に設置できるPHP製のメールフォーム。何度も利用させていただいています。
UTF-8だけじゃなく、Shift-JIS,EUC-JPにも対応したファイルを配布されています。

  • 著作権表示は生成される完了画面にのみ表示。自作の完了画面を用意すれば著作権表示無しでも利用できるのが良心的。
  • 設定する項目数に制限無し(チェックボックス・ラジオボタン等すべて利用可)
  • 確認画面・送信完了画面も自作可
  • BCC送信可
  • 項目の連結が可能(電話番号、郵便番号、日時など入力項目を複数に分けている場合、ハイフンなどで連結することが可能)

【CGI】:メールフォームプロCGI

シンクグラフィカ
https://www.synck.com/contents/download/cgi-perl/mailformpro.html

デモ
https://www.synck.com/demo/mailformpro/index.html

Perlで書かれた高機能メールフォーム。入力項目のチェックから住所自動入力、買い物かごまで設置可能です。マニュアルがダウンロード可能です。多くの機能を使うには、ある程度の知識と経験がないとマニュアルだけでは心もとないかも。

スパム対策のほか、ページビュー、コンバージョン計測などマーケティングに役立つ機能が豊富です。機能は上記ページに記載しているのを確認ください。これはと思う機能をピックアップします。

  • カート機能
  • クレジット決済
  • 簡易予約・アンケート集計
  • メールアドレス登録・解除(メルマガリストの作成に便利)
  • CSVログ保存・ダウンロード機能
  • 送信数の上限設定
  • フォームの受付期間を設定可

そんなに高機能でなくても簡単に設置したい人には簡易版も提供されています。

 

【CGI】:KentWeb:Post Mail

http://www.kent-web.com/mail/postmail.html

PostMailデモ
http://www.kent-web.com/mail/postmail/

有名なKentWebさんのPerl製問い合わせフォーム。標準的なメールフォームから、添付メールを送れるタイプとスパム対策用の画像認証機能のあるフォームがあります。

  • メールアドレスやパスワードなど二回入力した値が合っているかを確認できる機能あり
  • 文字コードはUTF-8、Shift-jisを選べる
  • レスポンシブ対応
  • 禁止ワード、拒否したいホスト名・IPアドレス登録可
  • 著作権表示免除(有償4320円)で著作権を非表示にできる

【PHP】:JB問い合わせフォーム

http://jubei.co.jp/formmail/

JB問い合わせフォームデモ
http://jubei.co.jp/formmailsett/jform.php

Webシステム開発をされているジューベー株式会社が配布しているPHPの問い合わせフォーム。こちらもUTF-8、Shift-jis、EUC-JP対応。

  • Bootstrapを採用(CDN経由)しているのレスポンシブ可
  • javascriptによる書式チェック機能
  • 禁止ワード・スパム対策
  • 送信ログ閲覧、CSVでダウンロード可能
  • 著作権表示はライセンス(9000円〜)購入で非表示にできる

【PHP】:MicroEngine MailForm

https://microengine.jp/mailform/

デモ
https://microengine.jp/mailform/demo/index.php

こちらは有料ライセンスの問い合わせフォーム(10800円/1ドメイン)ですが、著作権を表示することで無償でも利用可能です。
添付ファイル送信や料金計算、CSV保存などもできる高機能タイプです。配布サイトには丁寧なマニュアルもあります。

  • 添付ファイル送信
  • ログファイルCSV
  • 画像認証
  • 計算機能
  • 郵便番号DB付きで住所自動入力
  • jQuery不使用
  • PHP7にも対応

【PHP】ZeroMail

http://zeromail.webtecnote.com/

※2010年以降、開発は止まっておりサポートも停止中のようです。ソースのダウンロードは可能。

  • ajax送信に対応
  • ブラウザでログ確認・ダウンロード可能
  • 著作権表記はcssなどで非表示可能

Gmailでメールヘッダを確認するには

Gmailでメールヘッダを確認したいときのメモ。

まずは、返信とか転送とかしたいときにクリックする右上のドロップダウンメニューをクリックするとその中に「メッセージのソースを表示」というのがあります。

これをクリックするとヘッダー情報が確認できます。

これだけで確認してもOKですが、もっとわかりやすく経路等を確認できるツールをGoogleで提供してくれています。

GSuite Toolbox Messageheader ツール
https://toolbox.googleapps.com/apps/messageheader/

Messageheaderツールを開くと、ページ上部に「ここにメールヘッダを貼り付けます」という欄があるので、そこにGmail上の「メッセージのソースを表示」で開いたページの「クリップボードにコピー」というボタンをクリックし、貼り付けます。

「メッセージのソースを表示」で開いたページ

コピーしたデータを貼り付けて、「上記のヘッダーを分析」をクリックする。

そうすると、ヘッダー情報を整形して表示してくれます。
便利なツールです。

 

 

無料独自SSLが使えるレンタルサーバー

GoogleがSSL化されているサイトにランキングシグナルを与えるというニュースからサイト全体を常時SSL化する動きが多くなっています。

ひと昔前ならSSLを導入するとSSL証明書取得からインストールまで数万~数十万は当たり前にかかっていましたが、昨年ごろから無料で独自SSLを提供するレンタルサーバーが多くなり、これはうれしい限りです。

無料でインストールできるSSL証明書は「Let’s Encrypt」がほとんどです。
「Let’s Encrypt」(レッツエンクリプト)とは、TLS や HTTPS(TLSプロトコルによって提供されるセキュアな接続の上でのHTTP通信)を普及させることを目的としたプロジェクトで、非営利団体により運営されています。
詳しくは、Let’s Encrypt 総合ポータルでどうぞ。

2018年1月現在、無料独自SSLを提供しているレンタルサーバーをまとめました。

1.エックスサーバー

エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

高機能で自由度が高いので、個人、法人からも人気のレンタルサーバー。オールSSDやnginx導入など次々に新機能をリリースしています。メンテナンスは多めですが、サーバー自体は安定しています。

2.さくらインターネット

さくらインターネット
https://www.sakura.ne.jp

言わずと知れた国内最大、老舗レンタルサーバー。ライトプランは月額129円から利用可能。

3.ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー
https://lolipop.jp/

GMOペパボが運営する月100円から利用できる格安レンタルサーバー。WAFが標準で提供されているのでWordPress運営するなら安心感あり。

4.CORESERVER

CORESERVER(コアサーバー)
https://www.coreserver.jp

月額198円~でMySQL,PostgreSQLが使えるプロ向けレンタルサーバー。初期費用無料、30日間お試しできるのもうれしい。

5.mixhost

mixhost
https://mixhost.jp/

初期費用無料、月額480円からの比較的新しいレンタルサーバー。LiteSpeedウェブサーバーを国内で初めて採用。PHP7、MySQL、無料独自SSL、SSH、Cronを始め、WAFやIPS/IDS、30日分の自動バックアップ、メールやアップロードファイルのウイルススキャンと高スペックなサーバーを提供しています。

6.スターサーバー

ネットオウルが運営するサーバー「ミニバード、ファイヤーバード、ウェブクロウ、クローバーが統合され、「スターサーバー」として誕生しました。オールSSDやHTTP/2対応など高スペックになり、無料独自SSLも導入されました。最安は月額126円から。

スターサーバー
https://www.star.ne.jp/

7.バリューサーバー

ドメインとサーバーがセットで月額133円~(12か月契約のみ)利用可能な格安レンタルサーバー。MySQLも1個まで使えるので、WordPressのインストールも可能です。メールアドレスは3個までしか作れませんがとにかくコストを抑えたいならおすすめ。

Value-Server
https://www.value-server.com/

8.XREA

無料で使えるレンタルサーバーの代表格。バリューサーバー、コアサーバーと同じGMOデジロック運営。無料で使えるプランで独自SSLが無料で利用可能です。(広告表示はあり)

XREA(エクスリア)
https://www.xrea.com/

9.zenlogic

zenlogic(ゼンロジック)
https://zenlogic.jp/

ファーストサーバーが運営するレンタルサーバー。品質保証制度(SLA)有り。300GB、月額890円~。外部バックアップ、電話サポートも標準提供。

GMOクラウド iClusta+ WPファイルアップロードサイズ変更

GMOクラウドのレンタルサーバiClusta+で、WordPressのファイルアップロードのサイズを2MBから変更しようとしたときにちょっとつまづいたのでメモ。

公式サイトのヘルプには、php.iniを設置することで変更可能と記載があります。

Q. php.iniファイルを独自に設置できますか?
A.設置可能です。 php.iniファイルがお客さま領域に存在する場合は、そちらが優先されます。
php.iniファイルの設定を有効にしたいディレクトリごとに設置してください。

https://help.gmocloud.com/app/answers/detail/a_id/580/kw/php.ini/p/7

ファイルマネージャからphp.iniを編集する

上記のヘルプページに記載どおり、php.iniを編集します。

php.iniの編集は、Plan Managerの中のファイルマネージャから可能です。

php.iniが設置されていない場合は、設置したいディレクトリに移動し、「作成」にある「Text」をクリック。

ファイル名:php.ini
文字コードはutf-8にしました。
本文に以下を記述します。

1行目の

cgi.force_redirect = 0

必ず記述しなければならないとのことです。また、GMOクラウドではアップロードサイズは25Mまでで制限されているようです。

このように記述してphoinfoを見て、変更されていることを確認。
しかし、Wordpressのアップロード画面を確認してみると、「最大アップロードサイズ:2MB」のまま。

なんでだろうと試行錯誤。

色々確認した結果、php.iniを設置した場所がいけなかったようです。
私は当初、ドキュメントルート直下にphp.iniを設置しましたが、wp-adminディレクトリに設置しなければならないとのこと。

よくよくヘルプページを確認すると、

「php.iniファイルの設定を有効にしたいディレクトリごとに設置してください。」

と書いてありました・・・。

ドキュメントルートのphp.iniをwp-adminディレクトリに移動し、再度WordPressにて確認すると、無事変更されていることを確認。

今まで利用していたレンタルサーバではドキュメントルートの直下にphp.iniを設置するとサイト全体に反映されることが多かったので、その要領で設置したのですが、GMOクラウド iclustaではディレクトリごとに設置しなければ有効にならないとのことでした。

「php.ini」ファイルにつきましては、設置先のディレクトリ内でのみ
有効となりますため、ドキュメントルート直下に置かれましても、
配下のディレクトリ内には有効になりません。

WordPressの該当の設定に関するPHPファイルが
「/wp-admin」直下にございますため、同じディレクトリ内に
「php.ini」ファイルも設置していただく必要がございます。

WordPress ショートコードをウィジェットで使う

WordPressのウィジェットでショートコードを使いたい時、カスタムHTML内にショートコードを記述しても、そのまま表示されてしまいます。

ウィジェットでショートコードを使う

テキストウィジェットでもショートコードを使うには以下をfunctions.phpに記述

テンプレートファイル(PHPファイル)でショートコードを使う

テーマを自作している場合など、テンプレートPHPでもショートコードを使いたいと思うことがあります。

その場合は以下のように記述します。

参考:
WordPress Codex 関数リファレンス/do shortcode
https://wpdocs.osdn.jp/%E9%96%A2%E6%95%B0%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9/do_shortcode

 

社会人でもAdobeCC学生・教職員版でイラレ・フォトショを安く使う

WebデザインやDTPを仕事にしている人にはなくてはならないのがPhotoshop,Illustrator,Dreamweaver…などのアドビのアプリケーションを、どうにかして安く使おうと調べた結果、一般人・社会人でも使えるアドビCC(クリエイティブクラウド)の「学生・教職員個人版」を使うことにしました。

Adobe学生・教職員個人版を利用するには、Adobeスクールパートナーが開講している通信講座+Adobe学生・教職員個人版のライセンスがセットになったコースを受講するのです。

AdobeCreativeCloud学生・教職員個人版のライセンスなら、通常の個人ライセンス12ヶ月分59760円(コンプリートプラン月額4980円x12ヶ月)が、30000円前後で使えます。

各スクールの学生・教職員個人版がセットになったコースはスクールによって違います。また期間限定のキャンペーンをやっていたりするのでAdobeCCを使い続ける人にはおすすめ。もちろん、スクールなのでAdobeクリエティブクラウドを学びたい人、さらに知識を深めたい人には最適なプランだと思います。

Adobeクリエイティブクラウド学生・教職員個人版ライセンスが含まれるオンライントレーニング、通信講座があるスクール。

※2017年11月20日現在

ヒューマンアカデミー たのまな

ヒューマンアカデミーの通信講座たのまな。こちらにはアドビオンライントレーニング通信講座が15コースあります。

アドビオンライントレーニング通信講座1ヵ月間受け放題コース+Adobe Creative Cloud学生・教職員向け個人版(使用期間:12ヶ月)

AdobeCCとCS6のオンライン講座が1ヶ月間受け放題というコースにAdobeCC学生・教職員個人版ライセンス12ヶ月分がセットになったコース。

通常価格 46,000円 キャンペーン中 29,800円

アドビ オンライントレーニング通信講座3ヵ月間 受け放題コース+Adobe Creative Cloud学生・教職員向け個人版(使用期間:12ヶ月)

上記同様でオンライン講座が3ヶ月間受け放題のコース
価格 59,000円(税込) キャンペーン中 34,560円

 

デジハリオンラインスクール

デジタルハリウッドが運営するオンラインスクール。

Adobeマスター講座

AdobeCCと Adobeの基礎教材(動画授業63時間)1ヶ月間見放題の講座。
講座にて作成した課題をプロクリエーター講師が添削指導もしてくれます。

価格 29,800円(税込)

アドバンスクール

福岡市博多区に本社があるスクール。WEB,DTPのほかにもOfiiceやCADが学べるコースもあります。

Creative Cloud 1年間プラン+WEB/DTPエキスパートコース

AdobeCCライセンスと、illustrator,Photoshop,Flash,Dreamweaver,AfterEffects,InDesign,Xhtml&CSSの7つのオンライン講座が1年間受けられるプラン

価格 31,000円(税別)

パソコンスクールISA

首都圏を中心にしたスクール展開している

Adobe Creative Cloud 学生・教職員個人版+今だけ通信6講座セット(練習用データ付き)

価格 33,600円(税別)

Apple IDのサインインで確認コードの入力欄がでない

AppStoreを立ち上げた時に、AppleIDでのサインインする際、6桁の確認コードを要求されたときのこと。(Macbook pro(OSX Yosemite))

2ファクタ認証というものでAppleサイトには以下のようにありました。

新しいデバイスまたはブラウザで Apple ID を使ってサインインする際は常に、本人確認のため、パスワードに加えて 6 桁の確認コードの入力が必要になります。確認コードの入手方法はいくつかあります。信頼されているデバイス上に表示されるコードを使うか、テキストメッセージまたは電話で取得するか、または信頼されているデバイスでコードを生成することができます。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204974

自分のiphone7端末には、
「AppleIDサインインが要求されました」
というメッセージ。

これは「許可する」にします。

すると、テキストメッセージが表示されます(電話で受け取る方法もある、iphone上で設定可能)

確認コードは届きましたが、Mac上で確認コードを入力する欄が出てこない。。。

どこに入力すればいいかわからず、何度か同じことを繰り返しました。

OSXのバージョンにもよるようですが、どうやら確認コード用の入力欄は出てこないようです。

AppleIDサインインのパスワード欄に、パスワードを入力した後に、確認コードを続けて入力します。

これでサインインできました。

なんてわかりずらいんでしょう(T . T)